トップ > NEWS&TOPICS > News > 【高校】センバツ甲子園 壮行会

【高校】センバツ甲子園 壮行会

 

山梨学院高校で「第94全国選抜高校野球大会」の選抜旗授与式並びに壮行会が3月11日に開かれましたた。コロナウイルス感染拡大防止を受けて会場の体育館には2年生の360人と教職員のみが参加。1年生350人は教室でリモートで参加しました。吹奏楽部が演奏する「富士山」の行進曲に合わせ登録選手18人が入場。初めに、2年ぶり5度目の出場となる野球部に主催する毎日新聞社・照山哲史甲府支局長から「選抜旗」が吉田正校長、相澤秀光主将へと順に手渡されました。選手を代表して相澤秀光主将が「今、自分たちがこうしてここにいられるのも学校関係者や多くの方々の支えがあったからと思います。今回の選抜ではブラスバンドやチアリーダー、生徒の応援があるのでそれに応えられるように全力プレーで頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」と活躍を誓いました。最後に応援団長を中心にチアリーダー部、吹奏楽部が壮行を行い、全員の手拍子で選手たちを甲子園に送り出した。大会は3月18日に開幕、山梨学院高は大会3日目、20日に千葉県代表の木更津総合高と第1試合で対戦します。

■詳細はこちら
山梨学院ニュースファイル「センバツ甲子園壮行会」
http://www.yguppr.net/220311hsbs_main.html

新着